※未成年者の方には酒類を販売できません。予めご了承くださいませ。

全国新酒鑑評会で金賞受賞など多くの受賞暦を持つ大黒正宗の酒造りは
夫婦2人で醸す小さな酒蔵です。
震災後、たった一つしか残らなかった鉄筋の酒蔵で、他の蔵から
一目置かれる高木杜氏の下で15年以上修行し、その技術と思いを全て受け 継いだ井上さんとともに蔵人として酒造りを行ってきた奥様と夫婦で
造り上げる酒。それが「大黒正宗」です。

兵庫県北西部一帯の「特A地区」で生産された山田錦は、山田錦の中でも
良質とされ別格扱いの酒米です。「特A地区」の山田錦は全国の酒蔵が
こぞって手に入れたい酒米ですが、作づけ面積が限られているため栽培数
が少なく出荷先や量が制限されています。
大黒正宗はこの貴重な兵庫県産「特A地区」の山田錦を
100%使用しています。

仕込み水は天与の霊水と呼ばれる「宮水」を100%使用し、他の水は一切
混ぜていません。
同じ米、同じ工程で造られても味が全く違うというこの宮水は、
現代の科学の力をもってしても作ることができない神秘の水です。
水質・水量保護のため出水制限がされており、その水を100%使用して
造られる酒は非常に限られています。

瀬戸内海式気候の地域で雨も少なく、日当たりよく水はけのよい大地は
ブドウを育てるには最適な場所です。
神戸では、5月初めに芽吹き、6月には花が咲き始めて結実します。
夏の間に実は熟して、白ブドウは8月の終わりに、黒ブドウは9月半ばに
収穫します。
初めて神戸の土地にワイン用ブドウが植栽されてからすでに30年を超え、
年々凝縮されるブドウの旨味と香りが増してきています。

神戸ワインでは品質の良いワインを造るために発酵・熟成・瓶詰をすべて
低温管理で行っています。加熱処理を行わず、ろ過機だけを行うことで
新鮮でかつフルーティーな味を確保し、さらに瓶熟成を必要とするタイプの
ワインは、低温倉庫で保管されます。
高温で作業した方が効率はいいのですが、それではワインの品質が落ちる 原因になってしまうので、手間をかけてでもひとつひとつの工程にじっくり 時間をかけ、生きたワインをお届けしたいという思いで造っています。


  Copyright © 2014 神戸牛通販 本神戸肉森谷商店公式サイト.All Rights Reserved.