森谷の敬老の日特別セット。神戸牛の味噌漬と希少な日本酒「大黒正宗」とのセットです。

 

香ばしく焼けた神戸牛味噌漬を肴に
こだわりの日本酒を味わう。豊かで
ゆったりとした時間を贈りませんか?

※未成年者の方には酒類を販売できません。予めご了承くださいませ。

神戸牛の味噌漬はまだ重量が「匁(もんめ)や貫(かん)」という単位だ
った時代からある本神戸肉森谷商店で最初にできた牛肉の加工品です。
当時は保冷剤やクール宅急便などありませから、生肉を全国へ発送する
ことはできませんでした。
しかし、「神戸牛を土産に持ち帰りたい。」というお客様からの要望が
多かったため、何か方法はないかと考えついたのが味噌漬でした。
優秀な保存食として昔からある味噌に神戸牛を漬け込むことにより長時間
持ち歩くことが可能となりました。そして、持ち帰りだけでなく貨物列車
で全国配送ができるようになったのです。


牛肉と味噌。一見合うように思えない組み合わせですが、味噌には材料の
臭みや油分を吸着する力があります。
敬遠されがちな脂身は味噌漬にするとしつこさがなくなり逆に甘みと旨み
が増し、さらに味噌特有の香ばしい香りが食欲をそそります。


味噌は西京味噌をベースにした独自の調合味噌を使用しています。
甘口の西京味噌と神戸牛の肉の甘みが絡みあい、生肉とは全く違うまろや
かで滋味豊かな味へと変貌させるのです。


すでに味噌の味が浸み込んで味がついていますので焼くだけで食べられます。
ご飯にも、またお酒にも良く合い、冷めてからでも美味しく召し上がれま
すのでお弁当や夜食にも喜ばれます。
※調理のポイント
表面の味噌をできるだけ取り除き、薄く油を引いたフライパンかグリルで
焼いてください。焦げやすいので火は弱火でじっくり焼いてください。

肉にはワインというイメージがありますが、お米を原料としている
味噌漬には同じくお米を原料とする日本酒がよく合います。
味噌に漬けた神戸牛は生肉とはまた違い、肉の旨みと脂を甘めの白味噌が 包み込み、濃厚で風味豊かな旨みを生みだします。
この旨みをより美味しく召し上がっていたくための日本酒を探していた
ところ、安福又四郎商店の「大黒正宗(純米原酒)」にたどりつきました。

大黒正宗は食中酒といって料理と一緒に味わうための日本酒です。
実は日本酒というのは個性が強く、料理との相性を見るのがなかなか
難しいのですが、大黒正宗は食中酒にこだわって作られた日本酒です。

特に大黒正宗の『純米*原酒*』は、冷や、冷酒、熱燗、
全てにおいて肉の旨みが感じられ、尚且つ味噌漬の味と香りの余韻が
楽しめる抜群の組み合わせです。
味噌漬にした牛肉の濃厚な旨みに寄り添い引き立てる。
けっして出しゃばらず、どんな料理にもあう。
このような見事な食中酒はめったにお目にかかれません。
特にキリッと冷やした冷酒と上燗(熱めの熱燗)の相反する飲み方で味噌の
香り、肉の旨みと米の甘みとが絡む心地よさをぜひ味わってみてください。

この大黒正宗の『純米原酒』は、兵庫県特産A地区の山田錦のみを使用し、
精米歩合が60%という吟醸酒レベルまで米を磨き上げ、
宮水を100%使用した贅沢な純米原酒です。
その味は濃厚な旨みとキレがありながら、まろやかで口当たりがよく
どんな料理にも合う日本酒です。
ですから敢えて割り水*はせず度数は17度と高めですが、スイスイと
飲み進めてしまいます。

これを飲んだある飲食店の店主は衝撃を受け、
ぜひ自分の店でお客様に提供したいと申し出ましたが特約店制度があり
すぐには実現できませんでした。
それでもどうしても諦めきれず「新聞紙で包んで銘柄を隠すから店に
置かせて欲しい」と頼み込み、実際にそうやってお客様に提供し、銘柄を
尋ねられても決して教えることはしませんでした。
これほど料理人に惚れこまれたエピソードを持つ大黒正宗を
どうしても森谷商店の神戸牛味噌漬と合わせてお客様に提供したい!

そんな思いが実り、当店でもこのたび販売できることとなりました。
ただ、原料にこだわり丁寧に造られるため
大量に醸造できるお酒ではありません。
  一度に大量のご注文は承れませんのでご了承ください。


  Copyright © 2014 神戸牛通販 本神戸肉森谷商店公式サイト.All Rights Reserved.