パーティー料理に人気のローストビーフを作ってみませんか。神戸牛黒毛和牛どちらもご用意しております。

 

簡単!手作りRoastbeef!ローストビーフ用牛肉

ローストビーフは人気が高い牛肉料理

行列ができるほど人気のローストビーフ丼のお店ができ、ビュッフェスタイルでは一番人気になるほど牛肉料理の中で人気の高い「ローストビーフ」。

元々がとてもシンプルな料理ですからソースしだいで和風にも洋風にもなり、メインにも前菜にもなるところがとても重宝します。

また、最近のヘルシー志向にもぴったりはまり、特に赤身(モモ)のローストビーフはしっかりした筋肉をつくるたんぱく質を豊富に含むため、おいしさだけでなく健康な体つくりにも一役買っています。そんなローストビーフを自分で作ってみませんか。

自分好みに作る手づくりローストビーフ

自分で作るとこんなにいい事がいっぱい!

値段が安く上がる
当たり前ですが、自分作ればお安くできます。
その分原材料の牛肉の質を上げれば味もぐんとよくなりますよ。
好みの味つけができる
もう少しニンニクがきいている方が好きだな。
もっと香りの強いハーブで個性的な味つけにしたい。
和風の味つけにしてみたい。
自分好みの味つけにできるので、
いろいろなバリエーションが作れるのが手作りのいいところ。
中華風、エスニック風と考えるもの楽しいですね。
おしゃれ!可愛い!盛り付けが楽しめる
ブロック肉(かたまり肉)で作りますから、
飾りつけに合わせて好みの厚さにカットできます。
  • 薄く切ってサラダ仕立てに。こんな風に野菜をリースように丸く盛りつけるだけで簡単にクリスマス料理の一品になります。

  • 分厚くサイコロ状にカットしてカラフルな野菜と一緒にピン刺せばおしゃれな前菜に。

  • バスサミコ酢で和えたご飯にスライスしたローストビーフをのせた洋風握り寿司。

  • 和風味に作れば、おせちにもあいます。

簡単!オーブンなしでもできるレシピ!

パーティー料理にでるような料理だから難しそう・・・・。
オーブンなんて持ってないし、持っていても使ったことがないから。
大きな牛肉の塊だから失敗したらどうしよう・・・
なんて不安に感じていませんか。
ご安心ください!オーブンを使わずフライパンとレンジで
簡単にできるローストビーフの作り方をお教えします。

材料

●牛かたまり肉・・・1kg

●塩・コショー・・・ 適量

●赤ワイン・・・大2(なければお酒でもOK)

※付属のアンデスの塩ミックスは肉500gに対し1袋が目安です。

※お好みでハーブなどを加えてもおいしいです。

和風ソース

●肉汁・・・大さじ2

●醤油、酒・・・各大さじ2

●みりん・・・大さじ1

●酢・・・小さじ3分の1

●玉葱すりおろし・・・4分の1個分

  • 1

    肉を冷蔵庫から出して室温に戻しておいてください。(30分くらい)
    ここでしっかり肉を常温に戻しておかないと中心が冷たいままになります。
    この時に肉の繊維の方向を確認しておいてください。

  • 2

    肉にワインと塩コショーを刷り込んで最低でも20 分はおいてください。

  • 3

    フライパンに牛脂を引いて、強火ですべての面を強めにしっかりと10分ほど焼いてください。

  • 4

    焼けた肉を耐熱皿にのせて、ふんわりとラップをしてレンジで加熱してください。
    600W・・・表4分・裏返して2分加熱
    500W・・・表5分・裏返して2分30秒加熱
    ※肉の重さが500gの場合は時間をそれぞれ半分にしてください。
    2000gの場合は倍にするなど重量に比例します。
    また、お使いのレンジによって多少時間が異なります。

  • 5

    取り出してすばやく肉をアルミホイルで包み、余熱で火を通すのでそのまま常温で30分〜 1 時間おいてください。
    冷めている間に肉汁が出てきますので下に皿を敷いてください。
    また、肉汁はソースに使いますので捨てないでください。
    ※包む際は肉が熱いのでお気をつけください。

  • 6

    皿に落ちた肉汁とソースの材料を混ぜてさっと火を通してソースを作ります。
    肉汁が足りない時は水を足してください。
    ※ご注意
    切り分ける時は、肉の繊維を断つようにカットしてください。
    繊維の方向は部位によって違うので、生肉の時によく観察してください。
    方向を間違えてカットしますと硬くなりますのでご注意ください。
    冷蔵庫で冷やすとカットしやすくなります。

  • 7

    お好みで西洋わさびやマスタードを添えるとさらにおいしくいただけます。
    もちろん王道のオーブンや炊飯器を使って低温調理や真空調理をする方法もありますが、この方法が一番ハードルが低いかなと思います。

最適なローストビーフ用の牛肉の部位

ローストビーフ用の牛肉として森谷商店ではサーロインとモモ肉をご用意しました。
どちらもステーキ用として提供される部位ですので味・柔らかさともに上質なものになります。
どちらのそれぞれのおいしさがありますのでお好みでお選びください。

サーロイン
なんといってもジューシー。
ねっとりとした脂質の甘みがありますので
シンプルなソースやわさびと一緒に召し上がるといいですね。
こちらは神戸牛と黒毛和牛の2種類をご用意しました。
モモ
しっとりとした舌触りとあっさりとしながらも牛肉の旨味がしっかりと味わえます。
特に神戸牛のモモ肉はほどよく脂質が入り柔らかく
肉の旨味が強い部位を選んでいます。
モモ肉のローストビーフはそのままでおせちの一品に、
また濃厚なソースにもよく合いますので
ステーキのように召し上がっていただいてもおいしいです。

各ローストビーフ用肉には脂、塩・こしょう、
西洋わさび(レホール)の小袋、簡単に作れるレシピをおつけします。


  Copyright © 2014 神戸牛通販 本神戸肉森谷商店公式サイト.All Rights Reserved.