現在表示できません
佃煮・肉味噌

秘伝の煮方で神戸牛の旨味を凝縮 佃煮・肉味噌

神戸牛をお土産にと望まれて生まれた

神戸牛佃煮

森谷の神戸牛 佃煮は、まだ重量の単位が貫(かん)匁(もんめ)の時代に神戸牛の佃煮(そぼろ煮)は作られました。当時は保冷剤や保冷袋などありませんでしたから、神戸土産に神戸牛を持ち帰ることはできません。せっかくの神戸まで来たのだからなんとか神戸牛をお土産に持って帰りたいというお客様の声をなんとか実現したいと考えられたのが神戸牛の佃煮そぼろ煮です。そして、お持ち帰りだけでなく、貨物列車で全国へと配送が可能になりました。

神戸牛佃煮

  • 神戸肉佃煮

    全国配送をするため、多少荒っぽく扱われても大丈夫なように缶製の箱を使用していました。

  • 全真空パックができる

    全真空パックができるようになり、賞味期限が飛躍的に伸びました。

  • 代々おかみだけに伝わる秘伝の煮方

    神戸牛の良質な赤身肉を使い、合成保存料や化学調味料は使わず、砂糖、水あめ、みりん、しょうゆ、生姜など味つけし、丁寧にアクを取り除きながら長時間かけて煮込みます。
    ミンチではなく薄切り肉を常にかき混ぜながら4時間以上煮込みそぼろ状に仕上げる一品。
    その製法は代々おかみだけに受け継がれ、調味料の配合や投入の順番、煮込み時間などその時々の肉質を見極め微調整しながら味を整えていくには長年の経験が必要です。
    現在も製造は二人のおかみが担当しその技を伝えています。

  • お土産だけでなく、イベントの記念品、賞品に

    毎日のご飯のおともに、お弁当やおにぎりの具にと様々な料理にご利用いただける甘辛い味つけはどなたにも喜ばれるので差し上げる方のお好みを気にせず渡せます。
    また、製造日より1年の賞味期限がございますので、お土産やイベントの賞品や景品にも最適です。
    「冷蔵」商品ではございますが、賞味期限検査は35℃で行っております。どうしても冷蔵庫に入れられない場合は涼しい場所にて数日保管されても問題ございません。
    ただし、真夏の車内、締め切った部屋など高温になる場所での保管は避けていただきますようお願いいたします。

  • ミンチ肉を煮込んでそぼろにするのではありません。神戸牛の赤身を薄切りにしたものをそぼろ状になるまで煮込んでできあがるのが森谷商店の神戸肉佃煮そぼろです。

    牛肉の繊維がほぐれるまで絶えずかき混ぜながら3時間かけて煮込むそぼろは森谷商店の佃煮の原点です。
    2種類の水飴、2種類のしょうゆを使い味に奥行きを出し、山椒がはいった甘辛味です。

    神戸牛佃煮そぼろ

  • 神戸牛の赤身を小さめにカットしたものを煮込む角煮。そろぼと違い、形が崩れないようかき混ぜずに火加減を調整しながら、丁寧にアクを取り除きじっくりと2時間以上炊き込みます。その時々の肉によって柔らかさなど違うので、均一に炊き上がるよう煮炊き時間や調味料を入れるタイミングの調整が難しい一品です。

    上白糖ではなくキザラ糖を使用してコクをだした好まれる甘辛しょうが味はどなたにも好まれる味になっております。

    神戸牛佃煮角煮

  • 神戸牛の濃厚な旨味に溶け合ってお互いの良さを引き立てるよう厳選した十二割こうじ味噌と天然醸造の八兆味噌を試行錯誤してたどりついた調合比率でじっくり作りあげました。味と舌触りの決めてとなる神戸牛のミンチに使われる脂は希少部位からわずかしか取れません。

    それ以外の脂だと、味噌との馴染み具合、口の中での溶け具合がまるで違ってきます。
    赤味噌の風味の後に広がる神戸牛の旨味をご堪能ください。
    白いご飯はもちろん、いろんな料理に使えます。

    神戸牛佃煮肉味噌

  • うどんのトッピングに

    うどんのトッピングに

  • 生春巻きのソースに

    生春巻きのソースに

  • ライスコロッケに

    ライスコロッケに

詳しいレシピはこちら

神戸牛佃煮 商品一覧(税込)